小坂 元 写真展

「HYPNOSCAPE」

2022/03/03 ~ 2022/03/09

【ご来館の皆さまへのご協力のお願い】

・発熱や咳の症状、体調不良のある方は、ご来館をご遠慮くださいますようお願いいたします。
・ご入館の際はマスクを着用をお願いいたします。
・手指消毒液を設置しておりますので、ご入館時は手指の消毒をお願いいたします。
・他のお客様との間隔を空けるようお願いいたします。
・大きな声での会話はご遠慮ください。
・混雑時は入館を制限させていただくことがございますのでご了承ください。(出展者を含め25名を限度とさせていただきます。)

写真展案内

HYPNOSCAPE=HYPNO「催眠の」+SCAPE「風景」

街を歩いていると、浅い眠りの中で見たような不思議な光景に出会うことがある。僕はそれをHYPNOSCAPEと名付けている。

HYPNOSCAPEに出会うと、きまって周囲の雑音が小さくなり、色が薄らぎ、その場所に光が当たるようになる。

僕は吸い寄せられるようにHYPNOSCAPEに近づき、ファインダーを覗き、そっとシャッターを切る。

そしてカメラをポケットにしまい、その場を立ち去る。

現像/処理はせいぜい半年に1回するかどうか。

フィルムの時からそう。そんなにたくさん写真を撮るタイプじゃない。半年もすれば、色々記憶が薄れてくるが、画像処理ソフトにデータを貼り付けたとき、目撃した時の光景が脳内によみがえるから不思議だ。

記憶を頼りに画像を処理していくが、正確な色が思い出せないため、HYPNOSCAPEは常にモノクロームである。

(展示枚数:モノクロ 45枚)



<小坂 元(コサカハジメ)略歴>

作者略歴:1961年北海道生まれ

写真集団群狼所属

2003.9『知覚の扉』(新宿ニコンサロンbis21)

アサヒカメラ2003年10月号ポートフォリオ

2015.7『街のノイズ(勝原行雄氏との二人展)』(アイデムフォトギャラリーシリウス)

アクセス

Access

住所

〒160-0022
東京都新宿区新宿1-4-10 アイデム本社ビル2F
TEL:03-3350-1211
FAX:03-3350-1240
東京メトロ丸ノ内線「新宿御苑前」駅下車

アクセス良好

開館時間

開館時間 : 10:00~18:00
(展示入替日 : 10:00~15:00)
休館日 : 日曜日・一部祝日

アクセスについて詳しく見る