諫山 道雄 写真展 「惑星の影Ⅱ」

シリウスブログをご覧の皆様、こんにちは!
すっかり桜も満開です。皆様お花見はしましたか
東京は気温もよく、また風も強く吹いていないので、絶好のお花見日和が続いています。
ご近所の新宿御苑も入場に長蛇の列が出来ていますが、
新宿御苑は色んな種類の桜が植えられているそうで、
より長く桜を楽しめるらしいですよ!ぜひ行って見てくださいね★

さてアイデムフォトギャラリー「シリウス」では
諫山 道雄 写真展 「惑星の影Ⅱ」
期間:2018年3月29日(金)~4月4日(木)を開催しています。

諫山さんは2016年に「惑星の影」というタイトルでシリウスで展示されていました。
今回は同じテーマでの展示です。

前回のときもびっくりしましたが、なんと諫山さんは普段は宇宙開発事業に関わるお仕事をされているそうで、
そんな忙しいお仕事の中写真を制作されています。

(↑出展者の諫山さん)
シリウスではプロからアマチュアまでさまざまな人が展示していますが、
写真とは関係ないお仕事をされている方もたくさんいます。
世の中には色んなお仕事があるんだなぁとびっくりすることも多々あり、
求人広告の会社としては改めて勉強になります。
(意外と知らない方が多いのですが、シリウスの母体はアイデムという求人広告の会社なのです!覚えて帰ってくださいね★笑)

展示されている写真は全てフィルムで撮影。現像もご自身でされています。
プリントも自分でするそうですが、今回の作品はフィルムをスキャニングしてデジタル出力をしているそうです。
「フィルムで撮影しますが、出力はデジタルの方が自分には合っています。
自分の出したい色がデジタルの方が表現しやすいんです。」
デジタルカメラだからデジタルプリント。フィルムだから印画紙に引き伸ばし機でプリント。
というイコールの考えではなく、自分のやりたい表現に合わせ、
自分のやりやすい方法を選んで制作されているのだなと思いました。
その柔軟な考え方が素晴らしいですよね。

諫山さんが写真を撮る上で大事にしている「影」の存在。
前回はカラー写真でしたが、今回はモノクロで制作されていますが、
カラーとモノクロでは影の存在感が全然違います。

前回カラーで、今回モノクロになった理由を伺ったところ、
「本当は1回目の展示のときに、モノクロとカラーを混在させる予定でした。
でも実際に並べてみたときに、混在させると雑多な感じになってしまったので、
1回目はカラー、2回目はモノクロにして、2部作として展示しようと思いました。
なので今回でこのシリーズは完結です。」とのことでした。

また次はデジタルで作品を作ろうと思っているそうですよ!
諫山さんのデジタルの作品はどんな雰囲気なんだろうなぁ・・・と今から次の展示が楽しみです★

前回のカラーの作品もポートフォリオとして会場に置かれているので、
モノクロの作品と見比べてみるのも面白いですよ!
ぜひお花見ついでにシリウスにもお越しください

皆様のご来場お待ちしております。
平日、土曜日は10:00~18:00まで(最終日は15:00)
*日曜日休館

アクセス

Access

住所

〒160-0022
東京都新宿区新宿1-4-10 アイデム本社ビル2F
TEL:03-3350-1211
FAX:03-3350-1240
東京メトロ丸ノ内線「新宿御苑前」駅下車

アクセス良好

開館時間

開館時間 : 10:00~18:00
(展示入替日 : 10:00~15:00)
休館日 : 日曜日・一部祝日

アクセスについて詳しく見る