吉田 護 写真展 「ヒロシマ 原爆ドーム保存の半世紀」

シリウスブログをご覧の皆様、こんにちは!
日本海側では大雪続いています。
日本海側にお住みの皆様はどうぞ用心してお過ごしください・・・

さて、アイデムフォトギャラリー「シリウス」では
吉田 護 写真展「ヒロシマ 原爆ドーム保存の半世紀」
期間:2018年2月8日(金)~2月14日(木)を開催しています。

吉田護さんは香川県出身。
現在も香川で写真のお仕事をされています。

今回の写真展は吉田さんが高校生の時から撮影してきた「原爆ドーム」の記録です。

高校生のときに広島の厳島神社を撮ったり、広島の原爆ドームを撮影したりしていました。
その時はあまり考えずに撮影していたそうで、2005年に一度広島の写真を撮ったそうですが、
思ったものが撮れず、また写真を撮ることを辞めてしまったそうです。

数年が経ち、2010年にある会でたまたま桑原史成さんに出逢い、桑原さんが話していたことに感銘を受け、
「この人に付いて行こう!」と決めたそうです。
そこからは少し撮影する時の目線が変わり、問題提起をしながら写真を撮影していったそうです。

原爆ドームを撮影していた時は写真展をすることはあまり考えていなかったそうですが、
2016年、取材しているときにばったり大石芳野さんに出会い、写真展をすることを薦められたとのこと。
人の出逢いって不思議ですね。それから写真をさらに撮りため、精査し、今回の写真展の開催に至りました。

今回の展示では昔撮影したフィルムをデジタルデータにして出力したものと、
デジタルカメラで撮影した写真で構成されています。展示のレイアウトも珍しい形になっています。
是非実際にお越しになってご覧になってくださいね
「あまりPCの操作が得意ではないので、息子にも処理手伝ってもらっています。」
これからも親子で仲良く写真のお仕事していただきたいです★

「カメラを持って写す」という行為は良い景色や、自分を表現するためのもの以外に、
「歴史を写す」重要な行為であることは間違いないです。
ぜひ足を運んでいただき、吉田さんが撮り続けた12年の記録をご覧ください。

皆様のご来場お待ちしております。

平日、土曜日は10:00~18:00まで(最終日は15:00)
*日曜日休館

アクセス

Access

住所

〒160-0022
東京都新宿区新宿1-4-10 アイデム本社ビル2F
TEL:03-3350-1211
FAX:03-3350-1240
東京メトロ丸ノ内線「新宿御苑前」駅下車

アクセス良好

開館時間

開館時間 : 10:00~18:00
(展示入替日 : 10:00~15:00)
休館日 : 日曜日・一部祝日

アクセスについて詳しく見る