濱田 昇 写真展 「時の流れのままに~ベトナム」

シリウスブログをご覧のみなさま、こんにちは

あたたかい…というよりも暑い日が続く今日この頃、
いかがお過ごしでしょうか?

当ギャラリーでは、本日より新しい写真展が始まりました!

濱田 昇 写真展 「時の流れのままに~ベトナム」
期間:5月19日(木)~5月25日(水)


010 (11) 006 (10)

出展者の濱田さん。作品とともに。

ベトナムの人々の日常と、
そこに流れるゆったりとした時間に浸れる素敵な写真展です

ベトナムは、実は私も数年前に旅行したことがあり、
思い出に残る場所です

今回展示されている作品は、
濱田さんが現地への数回の訪問で撮りためたものです。

003 (8)

撮影の地にベトナムを選んだ理由は、「治安の良さ」だったという濱田さん。
実際に足を運んでみると、やはり安心して撮影に集中できる環境だったそうです。

主に撮影をされたのは、ハノイやホーチミンなどの街から
車で30分~1時間半位離れた地域。
ホテルについてから、現地で調達した地図を見て心の赴くままに行き先を決めたのだとか!
そうして訪れた土地は観光客も少なく、
現地に住む人々のありのままの姿に触れることができたそうです。

街を歩きながら撮影を重ねる中で最も印象的だったのは、
一生懸命に働く女性たちの姿だったとのことでした。

確かに、写真に写っている女性達は、
みなさんとても重そうな荷物を運んでいます。
(一方で、ゆったりのんびり座っている男性の姿も…笑)

写真展にお越しの際には、
ぜひそんな女性達の表情にもご注目くださいね

働く女性たちの他にも、
元気な子どもたちや何だか癒やされる動物たち、
穏やかな田園の風景など、
ベトナムのさまざまな姿を楽しむことができます。
そして、そのすべてに共通しているのが、
ゆったりとした優しい雰囲気です。
どの光景も美しく、作品の前にずっと立っていたい気持ちになりました。

作品の並び順も、「ゆったりとした時の流れ」を感じられるよう工夫されています。
皆様も、ゆったりした時間を楽しんでいただけると嬉しいです。

また、濱田さんは撮影を重ねたベトナムの姿をかつての日本の原風景にも例えています。
そして、東日本大震災が起きてからは、
これから復興していく東北の姿とも重ねるようになったそうです。
そんな東北地方に一日も早く復興を遂げてほしいという願いから、
受付台には義援金の募金箱が置かれています。
こちらは日本赤十字社を通じて寄付されるそうなので、
皆様もよろしければご協力お願いいたします。

a_012

濱田さんのホームページでも作品がご覧になれます
http://www.webhama.net/

それでは、皆様のご来場を心よりお待ちしています。

平日・土曜は10:00~17:00まで(最終日は15:00)
※日曜日は休館です。
※当面のあいだ開館時間を1時間短縮させていただきます。
ご不便をお掛けいたしますが、何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。

(この記事は佐相が担当しました)

アクセス

Access

住所

〒160-0022
東京都新宿区新宿1-4-10 アイデム本社ビル2F
TEL:03-3350-1211
FAX:03-3350-1240
東京メトロ丸ノ内線「新宿御苑前」駅下車

アクセス良好

開館時間

開館時間 : 10:00~18:00
(展示入替日 : 10:00~15:00)
休館日 : 日曜日・一部祝日

アクセスについて詳しく見る