<プロキオン・フォース>南川恵利 写真展

「めくる」

2022/06/30 ~ 2022/07/06

【ご来館の皆さまへのご協力のお願い】

・発熱や咳の症状、体調不良のある方は、ご来館をご遠慮くださいますようお願いいたします。
・ご入館の際はマスクを着用をお願いいたします。
・手指消毒液を設置しておりますので、ご入館時は手指の消毒をお願いいたします。
・他のお客様との間隔を空けるようお願いいたします。
・大きな声での会話はご遠慮ください。
・混雑時は入館を制限させていただくことがございますのでご了承ください。(出展者を含め25名を限度とさせていただきます。)



アイデムフォトギャラリー「シリウス」では、創作意欲あふれる若手写真家(39歳以下を対象)に作品発表の場として当ギャラリーの写真展枠などを提供する支援プロジェクト「プロキオン・フォース」を開催しています。 今回、南川恵利 さんの写真展を支援・開催します。

写真展案内

<めくる>

息子の写真を撮っていると、「あ、これ見たことある」とか

「なんか懐かしいな」と思うことがある。

幼い頃の私と息子が重なり、忘れていた記憶がぶわっと溢れ出す。

不思議なことにそれは、

幼い頃の自分を、空中から見下ろすようなアングルからとらえた過去の記憶なのだ。

これはなんなのだろう。誰の記憶なんだろう。

幼い頃の記憶を自分で再編成しているのだろうか。

忘れかけている記憶の掘り起こしが楽しいのだろうか。

あの頃の幼心を取り戻したいのだろうか。

それとも、この不思議な感覚の虜になってしまったのか。

「俯瞰で見ているあの映像は何なのか」を知りたい、ただの好奇心や探究心?

答えはまだでない。

2021年夏、まるで自分の記憶のページをめくるように、夢中で写真を撮った。

あとに残るのは、

ひたむきにめくった楽しさと、めくることで残りのページが少なくなっていく物悲しさ。

それは、夏の終りに感じる切なさと似ていた。

(出展枚数 カラー40点予定)

<南川恵利 略歴>

1985年、東京生まれ。2008年に慶應義塾大学経済学部を卒業後、アパレルメーカーで営業やMDの経験を積む。 その後、IT企業のweb広告コンサルタントに転身。結婚後は複数企業のコーポレート業務に従事しながら、2020年から写真を撮り始める。一児の母。 https://eriminamikawa.com

アクセス

Access

住所

〒160-0022
東京都新宿区新宿1-4-10 アイデム本社ビル2F
TEL:03-3350-1211
FAX:03-3350-1240
東京メトロ丸ノ内線「新宿御苑前」駅下車

アクセス良好

開館時間

開館時間 : 10:00~18:00
(展示入替日 : 10:00~15:00)
休館日 : 日曜日・一部祝日

アクセスについて詳しく見る