長谷川佳江 写真展

「鉄の華 美しき下町工場の侍」

2021/06/03 ~ 2021/06/09

【ご来館の皆さまへのご協力のお願い】

・発熱や咳の症状、体調不良のある方は、ご来館をご遠慮くださいますようお願いいたします。
・ご入館の際はマスクを着用をお願いいたします。
・手指消毒液を設置しておりますので、ご入館時は手指の消毒をお願いいたします。
・他のお客様との間隔を空けるようお願いいたします。
・大きな声での会話はご遠慮ください。
・混雑時は入館を制限させていただくことがございますのでご了承ください。(出展者を含め25名を限度とさせていただきます。)

兵庫県神戸市長田区の鉄工所とそこで働く職人の方々を撮影しています。
長田に隣接している町(板宿/いたやど)で生まれ育った私には、長田は憧れの町でした。デパート、賑やかな商店街、街角に並ぶ靴工場、そして鉄工所。しかし、長田の産業は時代と共に廃れていきました。阪神淡路大震災が追い打ちをかけました。(長田は、最被災地域です。)
2年前、何気なく長田へ訪れた私に、昔ながらの鉄工所が目に入りました。昭和の匂いを辿るように、長田の鉄工所を一件、一件訪ねました。幸い、十数件の鉄工所で撮影許可を得ることができました。しかし、同時に寂しい現実を知ることになりました。
鉄工所を支えているのは、高齢者世代が中心で、次の世代が殆どいないことです。しかし、高齢者世代の熟練職人さん達はイキイキと働いています。大半が中学を卒業後この業界に入り、半世紀以上腕を磨き続けた強者です。「家にいるより、仕事しているほうがいい。」と好きで働き続けているのです。己の技術力を磨きながら、昭和・平成・令和の今日に至るまで、堂々と腕一本で乗り越えてきた彼らの生き様は、「侍」を想起させます。老いて尚花咲く侍達。その勇姿を写真という形で残したかったのです。彼らの姿は、きっとご覧になる皆さんに元気を届けることができると信じています。
出展枚数モノクロ約60点(A3)

*2020年6月に出版しました初のモノクロ写真集「鉄の華 美しき下町工場の侍」からの作品40点、その後に撮影しました作品20点を展示予定です。

<長谷川佳江(はせがわよしえ)略歴>

2017年 神戸アートヴィレッジセンター 個展(神戸市兵庫区)
2018年 オリンパスギャラリー大阪 個展(大阪市西区)
2019年 神戸アートヴィレッジセンター 個展(神戸市兵庫区)
2020年 神戸アートヴィレッジセンター 個展(神戸市兵庫区)
2021年 3月神戸アートヴィレッジセンター 個展(神戸市兵庫区)

受賞歴 6回

アクセス

Access

住所

〒160-0022
東京都新宿区新宿1-4-10 アイデム本社ビル2F
TEL:03-3350-1211
FAX:03-3350-1240
東京メトロ丸ノ内線「新宿御苑前」駅下車

アクセス良好

開館時間

開館時間 : 10:00~18:00
(展示入替日 : 10:00~15:00)
休館日 : 日曜日・一部祝日

アクセスについて詳しく見る