鉄道写真家集団「Railway Graphic D.E.F.」第7回写真展

鉄道風土記 「力(ちから)」

2020/03/05 ~ 2020/03/11

写真展案内

鉄道写真家集団「Railway Graphic D.E.F.」は第7回写真展を開催します。

今回のテーマは「力(ちから)」です。

鉄道は人が動かすもの。
私たちが普段目にする運転士、車掌、駅係員から、保線、整備、輸送指令などの裏方まで、多くの「力(ちから)」が結集して鉄道の安全は守られています。
鉄道は人が支えるもの。
ローカル輸送は旅客量が伸び悩んでいますが、ボランティアや応援団などの地域の「力(ちから)」で支えられている路線もあります。

そして近年は鉄道貨物が、鉄道本来の強みである輸送力や環境負荷の低さから見直されています。東日本大震災時の石油輸送や、西日本豪雨による山陰線迂回輸送など、復興のシンボルとして脚光を浴びたことも記憶に新しいところです。
そして何より、私たちD.E.F結成のきっかけが、東日本大震災の復興チャリティ写真展でした。

オリンピックイヤーの2020年。D.E.F.は記録ではなく、人々の記憶に残る鉄道の「力(ちから)」を写真で表現します。

出展枚数(カラー約50枚)

出展者(五十音順)

大鶴倫宣(代表)、今井英明、内田伸太、大藪琢也、佐藤武志,高木比呂志

船越知弘、吉永陽一

アクセス

Access

住所

〒160-0022
東京都新宿区新宿1-4-10 アイデム本社ビル2F
TEL:03-3350-1211
FAX:03-3350-1240
東京メトロ丸ノ内線「新宿御苑前」駅下車

アクセス良好

開館時間

開館時間 : 10:00~18:00
(展示入替日 : 10:00~15:00)
休館日 : 日曜日・一部祝日

アクセスについて詳しく見る