森 公夫 写真展 「猿だより-人社会へのメッセージ」

2011/06/30 ~

sirius_vol404

あらゆる物が被写体となっている今日です。日本猿も以前から撮られてきました。私は、彼らと相性がよいのか、初対面で強いメッセージ性を感じ、猿目線になってみたいとの思いになりました。それには、周囲の環境が手助けしていたのかもしれません。
以来、朝から夕までの59日回(片道約6時間、ほとんどが雪日)、全ての労力を使い切り、撮った、「愛する・寛ぐ・耐える・演ずる・営む」でくくる猿世界にご案内いたします。
人以上に起源の古い猿たちの営みは素朴であり、忙しく、騒然と、そして利己に傾いた人社会へ警告のメッセージを送っているかのようです。その声が、一枚一枚の写真から聞こえることを確信します。
尚、会場では猿たちへのメッセージを承ります。

(カラー 37枚)

森 公夫(もり きみお)経歴

1941年 千葉県に生まれる
2001年 運輸会社を定年退職、写真を趣味とし現在に至る
所属写真団体 千葉県内2つ、全国区2つ
コンテスト入選歴 フジフィルム、コダックフィルム、NHKカレンダー、JPA、二科展
撮影場所 長野県山ノ内町 地獄谷野猿公苑

アクセス

Access

住所

〒160-0022
東京都新宿区新宿1-4-10 アイデム本社ビル2F
TEL:03-3350-1211
FAX:03-3350-1240
東京メトロ丸ノ内線「新宿御苑前」駅下車

アクセス良好

開館時間

開館時間 : 10:00~18:00
(展示入替日 : 10:00~15:00)
休館日 : 日曜日・一部祝日

アクセスについて詳しく見る