寺山雅広 写真展

Have a good time / Have a nice day series vol.V 「Afternoon 午後の光の中で・・・」

2023/02/02 ~ 2023/02/08

【ご来館の皆さまへのご協力のお願い】

・発熱や咳の症状、体調不良のある方は、ご来館をご遠慮くださいますようお願いいたします。
・ご入館の際はマスクを着用をお願いいたします。
・手指消毒液を設置しておりますので、ご入館時は手指の消毒をお願いいたします。
・他のお客様との間隔を空けるようお願いいたします。
・大きな声での会話はご遠慮ください。
・混雑時は入館を制限させていただくことがございますのでご了承ください。

写真展案内

 2016年5月と12月に世田谷美術館において同名のシリーズ個展「Ⅰ」「Ⅱ」を、また、2017年10月に同名の写真展「Ⅲ」をオリンパスギャラリー東京にて、2018年10月に「IV」をアイデムフォトギラリー「シリウス」にて開催させて頂きました。今回は、「 Have a good time / Have a nice day  」シリーズの第5回として「 Afternoon 午後の光の中で・・・ 」のサブタイトルを付けてセレクトした作品群で構成をいたし展示いたします。

プライバシーの保護という観点から人物を撮影したスナップ写真が撮りにくい時代となってしまいました。写真表現として人物をスナップする手法は写真史の中で連綿と受け継がれてきたものであり、内外の著名な写真家により幾多の名作が残され、それらは時代を越えて現在においても見るものの心をゆさぶり続けています。そうしたスナップ写真は、人々の生活や生きざまの一コマを通しての自分が生きてきた時間や社会、また世相の記録であり、作者の社会観・人間観の表現であると思っています。スナップ写真という写真文化が今日「肖像権」という制約の中で廃れていってしまうことが残念でならず、プライバシーに配慮しつつも許される範囲の中で可能な限り撮り続けていきたいと思っている一人です。

せわしなく追い立てられるように時が過ぎていく現代社会の中でも、一人ひとりはそれぞれの豊かなひととき、幸せな一日を模索しながら日々生活をしています。そんな人々の生活の断片を東京を中心とした都市風景の中に探し記録してきました。都市空間の光景や情景はそこに人の存在や人間の生活があってこそひときわ豊かな輝きを見せるものだと思っています。そうした人々の姿や都市風景のⅠコマの中にひと時の幸せな時間を見いだすことは、撮影する私にとっても心地良い一瞬であり、素敵な出会いに感謝しつつ心が和み豊かになれるひと時でもあります。

光は時間の経過とともにその表情を変えていきます。午前中の輝くような眩しい光は新鮮で人間の活動意欲を高めてくれる一方、午後のまったりとした柔らかく暖色系の暖かな光はどこか居心地の良さや安心感・幸福感を与えてくれます。午後の光もまた時間と共に緩やかに変化し、やがて夜の世界へと繋がっていきます。都市生活は人工光に満ち溢れていますが、それでも太陽の光の変化は人の情緒や心理、行動に大きな影響を与えていることは疑いようのないことです。午後の光はひとときの幸せ感を演出してくれる光でもあります。

 残念ながらここ数年にわたってコロナ禍が続き、また戦争で命が脅かされている国もあり、けっして世界中の人々が幸せであるとは言い難い今日ではありますが、それでも人々が日々幸せなひと時を希求し毎日を生活していることも確かなことです。今回の作品群はコロナ禍が始まる直前の2018~20年を中心に撮影したもので、マスクの無い素顔の日常はある種の懐かしさすら感じます。一刻も早くこうしたコロナ禍前の穏やかな日常を取り戻すことができる日が来ることを切に願っています。                                  (展示枚数:モノクロ約50点)



【寺山 雅広 (てらやま まさひろ)略歴】

1950年東京生まれ、現在世田谷区在住

東京農業大学卒業後、正則高等学校に理科教諭として勤務、同校の写真部顧問として生徒指導にあたり多くの生徒を幾度も写真甲子園や全国大会(全国高等学校総合文化祭)などへと導く。

2015年定年退職後、写真家として第二の人生を始める。

アクセス

Access

住所

〒160-0022
東京都新宿区新宿1-4-10 アイデム本社ビル2F
TEL:03-3350-1211
FAX:03-3350-1240
東京メトロ丸ノ内線「新宿御苑前」駅下車

アクセス良好

開館時間

開館時間 : 10:00~18:00
(展示入替日 : 10:00~15:00)
休館日 : 日曜日・一部祝日

アクセスについて詳しく見る