喜多研一 写真展

「GROUND RESUME -土地の履歴書-」

2021/08/05 ~ 2021/08/11

【ご来館の皆さまへのご協力のお願い】

・発熱や咳の症状、体調不良のある方は、ご来館をご遠慮くださいますようお願いいたします。
・ご入館の際はマスクを着用をお願いいたします。
・手指消毒液を設置しておりますので、ご入館時は手指の消毒をお願いいたします。
・他のお客様との間隔を空けるようお願いいたします。
・大きな声での会話はご遠慮ください。
・混雑時は入館を制限させていただくことがございますのでご了承ください。(出展者を含め25名を限度とさせていただきます。)

写真展案内

この写真展は、土地が古くから積み重ねて来たもの、その痕跡・断片・気配を、”GROUND RESUME”-土地の履歴書-と称して、現代に浮かび上がらせようという試みである。

東京という都市は、外国人から見て「活気に満ち、カオスのような状況でありながら、安定させる何かしらの秩序や構造があり、未来を先取りする不思議な魅力を感じるようだ」、と『東京の空間人類学』で陣内秀信氏(ちくま学芸文庫 1992年)は述べている。

東京は、江戸時代から地形や自然、特に水源などに配慮しながら開発が行われ、明治・大正・昭和・平成・令和に至り、それぞれの時代の特色に翻弄されながらも、多様な方法で成長を続けてきた。しかしながら、現在の大都市・東京を見ると、現代的な超高層建築や画一的にデザインされつつある風景が、巷にあふれ始めているように思える。

東京が進もうとしているものとは「正反対」のもの、昔から変わらないものを浮かびあがらせる試みが、“GROUND RESUME“ の目的である。
“GROUND RESUME”のプロジェクトは、昭和7年(1932年)の大東京市制定時の35区全域を撮影範囲の基準とし、徒歩にて網羅的に撮影し作品化する事を前提としている。今回は、B0版6枚を含む、約40点の大判プリントを展示予定である。

 【写真評論家 鳥原学氏とのトークライブイベントについて】

2021年8月5日(木)午後6:30~約1時間、アイデムフォトギャラリー「シリウス」から、YouTubeライブ配信形式にて、写真評論家「鳥原学」氏をお招きし、当プロジェクトについて解説・対談を実施する。※新型コロナウイルスの影響を鑑み、無観客で実施予定。配信予定YouTubeチャンネル https://www.youtube.com/channel/UCEpuTFswMQ8Jot-QWxjvL0A

【喜多研一プロフィール】

1974年 東京都大田区生まれ

1996年 帝京大学文学部史学科卒業

2015年 日本写真芸術専門学校夜間部卒業

現在「ギャラリーヨクト」運営メンバー「集団 獏」メンバー

【作者ウェブサイト】https://photokk3.wixsite.com/kitaken/

アクセス

Access

住所

〒160-0022
東京都新宿区新宿1-4-10 アイデム本社ビル2F
TEL:03-3350-1211
FAX:03-3350-1240
東京メトロ丸ノ内線「新宿御苑前」駅下車

アクセス良好

開館時間

開館時間 : 10:00~18:00
(展示入替日 : 10:00~15:00)
休館日 : 日曜日・一部祝日

アクセスについて詳しく見る