田中美一 写真展「東京都楽園物語 世界遺産、小笠原」

シリウスブログをご覧の皆様、こんにちは!
GWは楽しめましたでしょうか?
シリウス事務局は各々色んなところに行ってきましたよー!
そして見事にGW疲れが出てきてしまいました(苦笑)
皆様も疲れが残っていると思いますので、ゆっくり再スタートしていきましょうね 😮 。

さてアイデムフォトギャラリー「シリウス」では
田中美一 写真展「東京都楽園物語 世界遺産、小笠原」
期間:2018年5月10日(金)~5月16日(木)を開催しています。

会場には雄大な海の風景が広がっています。
田中美一さんは1989年より小笠原に在住しており、現地でダイビングガイドの傍ら、
撮影活動も始められ、写真展や雑誌等で作品を発表されています。
今回シリウスでは2回目の展示となります。

イルカやクジラの親子が楽しげに泳いでいる様子や、鳥たちが優雅に空を飛んでいる様子。
歯の鋭いサメ(シロワニ)が迫ってくる様子など、ちょっとヒヤッとするような写真もあります。
サメの撮影なんて危なくないのかかと思いますが、
このサメ普段はおとなしい性格で、人を襲うようなサメではないそうです。
「このサメを見られるところは日本では小笠原だけです。世界で見ても3箇所くらいしか見られるポイントはないんです。」
そんな貴重な生態系があるのも小笠原諸島の特徴。
ダイビングのガイドをしている田中さんだからこそ撮影するポイントや、生き物の来るポイントが把握して撮影もできるのですね。

またてっきり写真が夏に撮られたものだと思っていましたが、お話を伺うと冬に撮影しているものもあるとのこと。
生き物が見られるシーズンとしては、クジラは冬、イルカは夏だそうです。
これからクジラなどの撮影を考えていらっしゃる方は参考にしてみてくださいね☆

日本だけど、日本ではないような風景。
小笠原にはこんなに色々な生物がいて、こんなにも色んな表情を見せてくれるのかと、
感動する展示となっています。

田中さんは小笠原の父島でダイビング、イルカ&クジラツアーを開催する
「ディープブルー オーシャンガイドサービス」の代表も勤められています。
小笠原でダイビングをしたいなと考えている方は是非参考にしてみてくださいね
HP→http://www.d-blue.info/

夏に向けて、海にいきたくなる展示です
皆様のご来場お待ちしております。

平日、土曜日は10:00~18:00まで(最終日は15:00)
*日曜日休館

アクセス

Access

住所

〒160-0022
東京都新宿区新宿1-4-10 アイデム本社ビル2F
TEL:03-3350-1211
FAX:03-3350-1240
東京メトロ丸ノ内線「新宿御苑前」駅下車

アクセス良好

開館時間

開館時間 : 10:00~18:00
(展示入替日 : 10:00~15:00)
休館日 : 日曜日・一部祝日

アクセスについて詳しく見る