小学生・中学生・高校生対象 第13回 アイデム写真コンテスト 「はたらくすがた」 入選作品展

シリウスブログをご覧の皆様、こんにちは。

アイデムフォトギャラリー「シリウス」では

小学生・中学生・高校生対象 第13回 アイデム写真コンテスト 「はたらくすがた」 入選作品展

期間:2017年11月16日(木)~11月29日(木)を開催しています。

アイデムフォトギャラリー「シリウス」を運営する株式会社アイデムは、

2005年より小学生・中学生・高校生を対象としたアイデム写真コンテスト「はたらくすがた」を開催してきました。

この写真コンテストは撮影する機会を通じ、子どもたちに働くことの素晴らしさや大切さを考えてもらうことを目的とし、

小学生、中学生、高校生の各部門および富士フイルム特別賞、エプソン特別賞、高等学校文化連盟全国写真専門部賞、団体奨励賞を設けています。

(↑小学生の部グランプリ)

(↑中学生の部グランプリ)

(↑高校生の部グランプリ)

 

本年もたくさんのご応募ありがとうございました!

めでたく今回で13回目の入選作品展となりました。

こうして無事に開催できることをスタッフ一同うれしく感じております。

この写真展の前に展示していたプロの写真家の方々も入れ換え時に少し展示作品をご覧になったのですが、

「みんな写真上手ですね!」と驚いていらっしゃいました!

大人になると難しいことを考えすぎて面白みがなくなってしまうこともあるかもしれませんね。

童心をいつまでも忘れたくないものです・・・(^^;)

写真の下には写真を撮影したときの感想も書かれているので、読みながら写真を見ていただくと

子どもたちの目には働いている大人がこんな風に映っているのだなと、さらに写真を興味深く見ることができます。

審査員の講評もありますので是非ご覧ください。

 

小中高生では、やはり写真の撮り方が全く違っています。

小学生は自分の身近な人。家族や親戚の仕事をしている姿で直感的に面白い!と思った瞬間を撮っているので、大人では撮れない構図を撮っています。

中学生は「撮る」という行為を意識しながらその人の仕事について考え、一歩踏み込んだものを撮っています。

そして高校生は部活動で写真を撮っている人も多く、単純に撮るだけでなく、構図や写真の技術的な部分で小中学生よりもレベルが高い写真が並んでいます。

子どもたちが撮影した「はたらくすがた」は、どれもキラキラと輝いており、

改めて働くことの素晴らしさを感じられる作品ばかりです。

 

今現在働いている人は自分の仕事に誇りを持ち、「はたらく」ことの素晴らしさ、

また「はたらく」って何だろうと大人になった今また考えてもらえたら嬉しいです。

子どもたちは働いているお父さんお母さん、おじいちゃんおばあちゃんに「ありがとう」と言ってみてはいかがでしょうか☆

皆様のご来場お待ちしております。

 

平日、土曜日は10:00~18:00まで(最終日は15:00)

*日曜日休館


2017年11月16日

コメントを残す

* が付いている項目は、必須項目です!

*

CAPTCHA


現在トラックバックは受け付けておりません。

フォトギャラリー「シリウス」

カテゴリー

カレンダー

2017年11月
« 10月   12月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

フェイスブック

アクセスマップ
ページTOP

Menu

Find us on the Web