田中 美一 写真展

「東京都楽園物語 世界遺産、小笠原」

vol720
展示No Vol.720
展示期間 2018/05/10~2018/05/16
開館時間 10:00 ~ 18:00(最終日は15:00まで)
休館日 日曜日・一部祝日(カレンダーに記載)
展示者 田中 美一

内容:世界遺産でもある東京都の島、小笠原の自然を、現地のダイビングガイドでもある作者が、イルカ、クジラ等の海洋生物を中心に、風景等も取り混ぜて構成。

2011年に世界遺産登録された小笠原諸島は、東京都の一部でありながら亜熱帯気候に属し、太古の自然が残された貴重な地域です。
一般的な南の島は、優しい癒し系のイメージですが、太平洋の真っ只中にあるこの島は、野性的で豪快な魅力があります、他の海より数段濃い海の青、切り立った岩に打ち寄せる波と潮流、厳しい自然は豊かな生物を育み、ザトウクジラの来島は冬の訪れを告げ、カメとサンゴの産卵が始まれば夏と、季節の変化も、この島では生き物達が知らせてくれます。ダイビングガイドとしてこの島に移住して以来、ガイドの傍ら約30年にわたって撮影活動を続けていますが、今でも飽きることなく、様々な撮影のテーマを与え続けてくれます。
 地球の息吹を感じる、雄大な小笠原の自然を、この写真展を通じてお伝えすることで、いつの日か、実際に体験するきっかけになっていただけたら、作者としてこれ以上の喜びはありません。 (カラー30点)

田中美一略歴

1965年 愛知県生まれ
1989年より小笠原在住、ダイビングガイドの傍ら、撮影活動も始め、写真展、雑誌等で、作品を発表。
小笠原、父島でダイビング、イルカ&クジラツアーを開催する、「ディープブルー オーシャンガイドサービス」代表。
主な写真展
2000年 「東京都楽園物語 亜熱帯の東京、小笠原」
2004年 「Aqua Colors-海の色」
2010年 「Wild Colors-野性の色」

  

関連する写真展


PageTop