国境なき子どもたち(KnK)写真展2017

「Victims ―フィリピンのストリートチルドレン―」

vol690
展示No Vol.690
展示期間 2017/09/14~2017/09/20
開館時間 10:00 ~ 18:00(最終日は15:00まで)
休館日 日曜日・一部祝日(カレンダーに記載)
展示者 国境なき子どもたち(KnK) 撮影 吉田 亮人

認定NPO法人国境なき子どもたち(KnK)は、ストリートチルドレンや人身売買の被害にあった子ども、大規模自然災害や国内騒乱で不安定な状況下にある子どもなど、世界各地で困難な状況にいる青少年を支援するNGOです。1997年に世界の子どもたちと「共に成長する」ことを理念に活動を開始し、現在は7の国と地域で活動しています。
日本の人々、特に若い世代に海外の子どもたちの現状を伝えることを目的に、プロの写真家を活動地に派遣し、2004年以降、毎年写真展を開催しています。

写真展に寄せて
「吉田さん、フィリピンの子どもたちを撮影してきてくれませんか」
ある日、KnKのスタッフから連絡を受けた。今、激動の時を迎えているフィリピン。その社会の歪みの中で生きる子どもたちに焦点を当てて欲しいとのことだった。
連絡を受けて2ヶ月後の2017年2月、僕はフィリピンの首都マニラに降り立った。それから2週間、昼夜問わずスラム、路上、収容所などを訪れては、この国の片隅で懸命に生きる子どもたちの姿を写真に収め続けた。一体何人の子どもたちに出会っただろう。彼らが置かれた状況とその経緯を知れば知るほどに、暗澹たる気持ちになり、胸の奥が痛んだ。それでも今を生きる他に選択肢がない彼らは寄る辺のない肩を寄せて、今日も社会の犠牲者となって彷徨うしかないのであった。そんな彼らに写真家としてできる事とは何だろう。写真ができることは何だろう。
頭の中でそんなことを反芻しながら、目の前で「今、生きている」子どもたちの姿に一人一人シャッターを切った。
これらの写真が多くの方の心に届き、子どもたちへの支援の一助になることを切に願う。
吉田 亮人 (モノクロ約70点)

吉田 亮人 (よしだ あきひと)略歴

写真家 京都在住 (www.akihito-yoshida.com) 滋賀大学教育学部卒業後、タイで日本語教師として現地の大学に1年間勤務。帰国後に京都市で小学校教員として6年間勤務し退職。2010年より写真家として活動開始。「働くとはなにか」をテーマに国内外を取材し、さまざまな媒体に写真・文章を発表する他、国内の美術館やギャラリーで写真展を開催。また小中学校、大学での講演会や特別授業も行なっている。2013年より教育インタビューサイト「eduview」を共同運営する。2014年度コニカミノルタ フォト・プレミオ年度大賞、日経ナショナル ジオグラフィック写真賞2015ピープル部門最優秀賞他、受賞多数。写真集に『Brick Yard』、『Tannery』、『Falling Leaves』

  

関連する写真展


PageTop