吉成 敏男 写真展「倒木 ~やがて土に還るまで~」

シリウスブログをご覧の皆様、こんにちは!

もうすぐ6月ですね!

新宿御苑の通りには紫陽花が沢山あり道を鮮やかに彩ってくれています。

季節ごとに花を楽しめるのも新宿御苑の魅力の一つですね★

さてアイデムフォトギャラリー「シリウス」では

吉成 敏男 写真展「倒木 ~やがて土に還るまで~」

期間:2018年5月24日(金)~5月30日(木)を開催しています。

恐らく人一人の人生よりも長く生きていたであろう木々たち。

これらの木は奥日光西ノ湖にあり、展示者の吉成さんが始めて訪れたのは20年ほど前のこと。

観光地化されていないこの湖の近くに横たわった倒木がまるでオブジェのように佇むその姿に

圧倒されたそうです。

倒木ではありますが、木々の表面にはまだまだ生命力を感じます。

木々のもつ表面のテクスチャー、木目の流れ、そこに刻まれた時の流れがしっかりと残っていて、

それぞれの表情の違いも伺えます。

(↑出展者の吉成さん)

全体的にミニマムな作品たちなので、なんだか博物館に来たような気分です。

また木々のアップの写真以外にも撮影地の風景を撮ったものも展示しています。

とてものどかで、人の手があまり入っていない湖のほとり。

人の手が入っていないからこそ美しい風景が残っているのかもしれないですね。

 

夏の爽やかな季節にぴったりの展示となっています。

皆様のご来場お待ちしております。

平日、土曜日は10:00~18:00まで(最終日は15:00)

*日曜日休館


2018年5月24日

コメントを残す

* が付いている項目は、必須項目です!

*

CAPTCHA


現在トラックバックは受け付けておりません。

フォトギャラリー「シリウス」

カテゴリー

カレンダー

2018年5月
« 4月   6月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

フェイスブック

アクセスマップ
ページTOP

Menu

Find us on the Web