若松憲昭 写真展 「小さな命たち ―アマゾン川源流部(ペルー、ボリビア)―」

Vol.463  10月11日(木)~10月17日(水)


sirius_vol463

アマゾンとは、アマゾン川流域に広がる森林地帯をさしています。世界最大の熱帯雨林があり、1,000万種とも3,000万種ともいわれる動植物が生育する野生生物の宝庫です。
アマゾン川の流域面積は約705万k㎡、その下流域はブラジル国内、上流域は6カ国に及んでいます。20以上の大きな支流があり、ペルーのアンデス山脈に端を発し、低平なアマゾン盆地を東流し大西洋に注いでいます。長さは6,516kmに達しています。
気候は高温多湿な熱帯雨林気候です。雨期は11月~4月、乾期は5月~10月に分かれます。
今までにボルネオ、パプアニューギニア、アフリカの熱帯雨林を訪れたことがあります。
かねてより世界一の規模であるアマゾンの熱帯雨林に行きたいと考えておりました。
2000年8月、国際航空旅行サービス株式会社により企画された、故千石正一先生を団長とする「アマゾン川源流への旅とアンデスツアー」に参加しました。この時のアマゾン川源流部は、ペルーのマヌ―国立公園でした。
その後2008年4月に4人で、2010年4月に2人で、2012年2月に2人で、アマゾン川源流部(ペルー・ボリビア)への旅を実施しました。
今回は、熱帯雨林での生物たちの様子をご紹介いたします。
多くの皆様に是非ご高覧いただき、ご批評賜れば幸いです。

若松憲昭(わかまつのりあき)プロフィール

1940年生まれ
日本写真学園  「短期講座」花・風景コース
四谷写真塾 花・風景コース、フィールドゼミ受講
日本写真芸術専門学校 画像専門課程Ⅰ部写真芸術科卒
財団法人日本写真協会会員

写真展歴
2004年 「進化の方舟」―ギアナ高地―  アイデムフォトギャラリー「シリウス」
2006年 「なつかしい植物たちの宝庫だった」―カムチャッカ―  アイデムフォトギャラリー「シリウス」
2008年 「この風土に生きる」―ブータン―  アイデムフォトギャラリー「シリウス」
2010年 「異端植物が生きる」―マダガスカル―  アイデムフォトギャラリー「シリウス」

  

関連する写真展


PageTop